2008年12月09日

昔のタロットいろいろ

可憐さんのタロットミニ講座を、また受けさせていただいてきました。

ものすごい数のタロットカードを持っているらしい可憐さん(タロッ図書館ができるような気がする!)。毎回いくつか見たことのないカードを持参してくださいます。

自分のカードを持参してはいたのだけれども、それと風合いのよく似た、あるカードに気が引かれて、今回はそちらをお借りすることにしました。

じゃ、聞いてみたいことを各自考えましょう、といわれ、今日は具体的で実用的なことを聞くぞ、と決めていたのに、いざカードをテーブルに置いてみると、ぜんぜん違うトピックが出てきてしまい。。

素直にやはり、出てきたものを聞くことにします。最近気になって仕方のない、聖書の教え、キリストの教えが自分にとって一体どういうものなのか、について。

可憐さんが今回教えてくださったスプレッド方法は、
Yes(肯定的要素)のカード、
No(否定的要素)のカード、
そして「その2つを統合すると?」のカード、
の3枚を引くというもの。

おもしろかったのは、この「Noのカード」のところに、隠者が出たことでした。この隠者、腰紐のところに十字架のついた鎖(ロザリオ)をぶらさげているではありませんか!

_liguriapiedmont_bolognazoni後で確認してみたのですが、私の持っているカードの隠者(右側)は、ロザリオをぶらさげていませんでした。

雰囲気もわりと違います。

今回お借りしたカードは1840年のデザイン、私の手持ちのはその60年前のデザインです。時代も作家も違うから、画風も変わるのは当然だけれど、このロザリオは。。。?

そこで、いろんなタロットデッキの中の同じカードを見比べられるサイトを見つけました。古典的なものから現代のものまで130種くらいのタロットカードの絵柄を一度に見比べらるサイト。

130種の「隠者」のなかには、腰にロザリオをぶらさげているカードが他にもう1つくらいありました。

あとは腰紐に3つの結び目がついていて、ローブが茶色の隠者や、頭のてっぺんが禿げている隠者もいました。いずれも聖フランチェスコそのもののような姿。。。

そうか、聖フランチェスコはある意味、「隠者」のプロトタイプかも。

その隠者が「No」の場所に出たのでした。

* * *

_liguriapiedmont_2 _bolognazoni_2

3枚目の「統合すると?」のカードは裁判の女神でした。

今回お借りしたカード(左)では女神の持つ天秤はまっすぐ。

わたしの手持ちのカードだったら、こんなに傾いていたのでした。。

この違いもおもしろい。。今回、水平な天秤を示されたことが、1つのポイントな気が。。。

真ん中をとる(1ミリのずれもなしに)、冷静に両方をみる、という可憐さんの読みに、深くうなずきました。

可憐さん、今回も、どうもありがとうございました♪

* * *

_triesteところで、例の130種の隠者の中で、一番気になった隠者はこちらです。

私のカードの隠者も、相当軽やかで颯爽としてる感じですが、このカードの隠者はさらにそれを上回って、なんだか楽しげ。笑みまで浮かべています!

このカード、年代が特定できません。大英博物館のコレクションになっているのですが、データでは18世紀のものだということしかわかりません。

トリエステのAngelo Vallaさんという人の手による版画だそうです。

_trieste_2ちなみに裁判の女神はこうなります。かわいい女神になりますね。。

20_trieste20・審判のカードなんかも、かなりかわいい。。ほがらかです。

posted by な at 22:58| Comment(0) |

2008年03月09日

はぁ

昨日、ふと、「今日は有元利夫展の最終日!」と思い出し、あわてて見に行き、そして。

衝撃。。

同じ絵を、これまで何度も見ているのに。

今までなにを見てたんだろう??と、おもいました。

こんなにも、正確な、絵だったなんて。

Photo「閉館時間です」と言われて我に返り、ぼうっとしたままとにかくなんでもいいからひとかけら、と思って、カレンダーを買いました。

これまで、ほんの少しでも、有本さんの絵は色彩もおだやかで、挑発的なところもない無難な絵だと、思ったことがあった自分のあたまに、げんこで、ごつん、としたくなりました。

はぁ。。

彼が亡くなったときのねんれいに、わたしもなりました。

* * *

今日の音楽は月の海の『明滅する三秒』です。高橋さんのドラムがすきです。Photo_2

ときどきすごくこれが聴きたくなります。

http://sis.727.net/tsukinoumi/

posted by な at 16:28| Comment(0) | TrackBack(0) |

2007年11月06日

てん覧会

Dm昨日から、「遠藤洋子となかまたち展」が始まりました。

遠藤さんと7人の「なかまたち」の絵が、一同に集まっていて。わたしの絵も、そのなかに混ぜてもらっていて。壁面で文字通り、「混ぜてもらっている」感じがするのが、うれしかったです。

みんな、それぞれの空気感が、そのまま絵になっているようすが感じられて(自分のことはわからないけど)、それはほんとに、ちょっと、驚きでした。

正直言うと、遠藤さんの絵をもっと見たかったけれど、でも「なかまたち」のタロットの絵と出会えて、うれしかった。。。特に(あ)さんの絵、こころのごはんになりました。

しかーし、搬入が終わって「おつかれさまワイン」を一口飲んだら、その後少しして、右脳が痛くなって、そのままずーっとしんどい夜となってしまいました。。。

あんなにしんどかったのは久しぶり。お酒の飲めないからだになってしまったもよう。。。

まあ、とにかく、、、近くに来ることがあれば、よかったらのぞいてみてください♪ 池袋駅の東口にある、東京芸術劇場の反地下でやっています。朝10時半から午後6時で、今週の日曜日までです。

posted by な at 14:24| Comment(0) | TrackBack(0) |