2015年03月15日

くつろぎ

20150309_111252 クロッカスが咲いています。おととしの秋に植えてみた球根から、昨年に続いて今年も咲きました。ムスカリも芽出しを始めていて、季節のめぐりを感じます。20150309_111357

クリスマスローズの苗も、何種類かいるうちの1つが、3年目に突入して、初めてつぼみをつけました。

20150309_111321 原種のクリスマスローズもそこそこ元気。このクリスマスローズは、みどりのぼんぼりが、お花の部分。

* * *

毎年ぐわん、とふだんの日常から意識がリープする「2月病」も、だいぶんおさまってきたように感じるここ数日。少し落ち着きがとりもどってきたというか。(あ、でも、もしかしたら、ただの風邪引きかもしれないけれども)。

やりたいことにまっしぐらにいって大丈夫、といつもお世話になっている野口整体の(ひ)先生には言っていただいていて、仕事をがんばりつつ、グリーンウッドワークにまっしぐらに向かっていた日々だったのだけど、ちょっと、また疑念が湧いていました。

「今はこんなに夢中だけど、そのうちに熱がさめるのかな」と。自分は気分屋で、集中するものごとにも移り変わりがあるので…。

これにエネルギーを傾け続けていっていいものかなあ、と心配になりはじめていたし、あとは仕事に関して揺れが起きている感じもしていたのだけど、そうしたら、星読み&カード読みのプロのともだちに、そこらへんをみてもらうことができました。(た)さん、ありがとう…!

木工については、やっぱりずっとやりたかったことなんではないのかな?というリーディング。そして最後にカードを引くと、富士山のカードと、「おおやびこのかみ」という、髪の毛がそのまま樹木になっている絵柄の神さまのカードが出てきました。O0800045013228251022

「おおやびこのかみ」については、まったく知らなかったので、あとで調べてみた。「五十猛」という神さまの別名だということでしたが、日本書記によると、天上から地上にやってきたときにたくさんの樹木の種を持ってきていて、それを九州から始めて日本列島全土に植えていって、緑あふれる土地にしていったのが、この神さまとその女きょうだいたちだとのこと。

それで林業の神さまとして大事にされてきたそう。ついでに、船を作り海を渡った経歴もあったので、造船、航海安全、大漁の神さまとしても信仰されているそうで、森にひかれつつも海も大好きな自分に、「それでいいんだよ」とこの神様が言ってくださってるようで、すごくうれしいです。

なにより、こんなに木工に惹かれてていいのかなあ、という不安に対して、木々の神さまが出てきてくださったというのは、心強かった…。

「ずっとやりたかったことなんじゃないかな?」と言ってもらえて、思い出したのが、寮の相部屋で暮らしていた学生時代に、ふいに木が削りたくて仕方なくなって、近くの工事現場に落ちてた木端を拾ってきて、夜な夜な彫刻刀で削っていた日々があったこと。このときは、新しく入った学校やクラスメイトになじめず(人種差別的なものも初めてあからさまに体験して)、もしかしたら、ひきこもりたかったのかもしれない。

ルームメイトがいるので、暗くした部屋で自分のデスクランプだけつけて、そのオレンジの光の輪っかの中で、ひたすらただ手が削りたいように、木端を削っていました。あの数日は、食事もろくにしなかった気がする。コーヒーだけ入れて。そうやって木を削っているのがこのうえなく幸せでした。

手が動くままに削っていったら、片側には流れと曲線、もう片側は角と直線のある、小さなオブジェ(?)になりました。まんなかに碧いおおきなビー玉を入れました。今も持っていたっけな?と探したら、奥の方から出てきた…。ビー玉がなくなった状態で。20150315_000149_2   

入ったばかりの学校を辞めて、イスラエルのキブツで働くか、ジンバブエの遺跡発掘のボランティアに行こうと真剣に考えてリサーチをしたりもしたけど、このミニオブジェをつくって気がなぐさめられたのか、新しくできた少数の友人のサポートがあってか、中退はふみとどまったのでした。

それから何年も経って、日本のあるインスタレーションアーティストの海外プロジェクト担当秘書に応募したとき、「自分でつくった作品を提出」しなければならなくて、作品なんてなかった自分は、仕方なくこのミニオブジェを持参しました。

面接のとき、アーティストである先生のお付きの人に、「なんですかこれは?お守り?」と聞かれたのを覚えています……(汗)。

先生は、代々植物を使うことに長けてきた家柄の人でもあって、竹をメインにかなりおおがかりなインスタレーションをつくったり陶芸で大きな彫刻をつくってらした方でした。そんな大御所の芸術家に、木端をやみくもに削っただけのものを持参してしまって……、面接のそのほかの質問にもしどろもどろにしか答えられず、ああこりゃ絶対だめだ、と思ったのを覚えています。若気の至りというか、無知だからこその大胆さというか。それが予想外の展開で、受かったのでした。あのときはほんとにびっくりした。

オブジェになってくれたこの木のおかげだったんだろか。工事現場に落ちてた木端なので、たぶん材はSPFです。ほんとうになにも考えず、ただ「ここ」「ここ」と呼ばれるままに削りました。楽しかった。

20150313_120312 20150313_120728今も、何にも考えずに、ただ削っているのが楽しい……。こないだも、削り馬づくりで出た生木のきれっ端を無目的に削っていたら、やっぱり愛おしくなってしまって、それで革ひもをつけてキーホルダーにしてみた。どう、ということのないキーホルダーですが、自分にはうれしい使い心地です。

先週から今週まで、代替医療・統合医療の道を歩まれているプロセスワーカーのともだちにヘルプをいただいて、ひさしぶりに自分のからだのことをみていったのだけど、そのときに出てきたのも、ごろんと寝ころんで、砂でクジラの像かなんかをつくってくつろいでいる、南の島の海の民でした。なにか、つくることが休むことになるような、休みながら手を動かすような、材と交流しながら環境の一部になってくつろぐような、そういうことが必要なのかもです、今の自分に。(ひ)さん、ほんとにありがとう。

木々の神さま、おおやびこのかみのカードのメッセージも、いかしていました。

「樹木はただそこにあり、体験し、自らを悠久の時の中に知るのです。

 

天と地の間で調和をとりながら、外に起きている出来事を個人的に受け止めはしません。

日照りが続いても、それを自分のせいとは思わないでしょう。 

大きな木のように、大地に根を下ろして、自己中心性という眠りから覚める時がきています。

外の出来事に対して、自分が反射的にとってしまう行動を観察してください。 

 

古い習慣を手放し、自由を手に入れましょう。

 

大屋毘古神は、自分が世界の中心であるという幻想から目を覚ますお手伝いをしてくれます。

野外に出て、大きな木に触れてみましょう。

 抱きついて、その樹木と話してください。木は偉大な教師です。」

(日本の神様カードより)

古い習慣、といえば、わたしのくせは、外の出来ごとに対してわりとすぐ「自分が悪いのだ」と考えがちなところで、まさに「自己中心性」がありすぎるところ(新幹線が止まっても、自分のせいだと考えるくらい)。これが幻想なのだと悟れたら、だいぶんほうっとくつろげそうだなあ。

posted by な at 00:57| Comment(0) | むかし

2012年03月04日

なつかしく、あたらしく

Img_1688 毎年2月は少し頭がヘンになって、いつもより大胆に行動なことをしだす自分だけれど、今年もやっぱりそうでした。。。

ようやくほっとひとつ、落ち着いて、久しぶりにここに書きたいなと思ったけれど、2月にあった出来事は、どれも鮮明に輝きながら記憶の水平線の上に散らばっていて、どこから手をつけたらいいかわからない。。。

とりあえず、まぶしさの少ない、今日のことを書いて、も少し落ち着こう思います。。

今日は、ほんとうに久しぶりに針仕事をしました。大好きゆえに激しくくたびれていたシャツの外科手術。

相方のプロポーズに答えた日に着てたシャツだから。。少なくとも9年は着ているシャツです。買ったのはそのずっと前だから、もっとだ。。

ここ数年、靴下と下着以外の衣類はもっぱら、いとこや友達からもらうか、近所にある途上国支援の古着屋さんで買うかで、思いどおりのものがすっかりそろってしまう状況で。。新品を買うことがほとんどないので、思えばこのシャツは、今ある衣類の中でも「自分で新品を買った」数少ないアイテムです。

新品を買ったとはいっても、ぜんぜん上等だったわけでもなんでもない、普通のシャツですが(汗)。

Img_1906 首周り、ボロボロ。。。そして袖口も、ボロボロ。Img_1911_2 ダブルガーゼ生地が破れてめくれてきてます。

めくれてきているところに、布を新しくかぶせてしまおう、という方針に決定。

かぶせる布を探して、ハギレ箪笥を探ると。。。ほどよくくたびれた麻布がありました。真新しすぎる布だと、くたびれたシャツ本体との相性が悪いので、これはちょうどいい :)

5年前の旧正月前に、ダイニングチェアの布を麻布に張り替えたときの、その布。つまり5年間椅子の座面としてがんばってくれてた麻布です。

ダイニングチェアは、しみが落ちなくなったので、この暮れに新しく張り替えていました。
Img_1294 Img_1295
(←ちなみに。。今回は、猫のにゃみちゃんのためにベッドカバーをつくろうと思って買っていた、大判のキッチンタオルを椅子に張ってしまいました。にゃみちゃん亡き後、使われないままあったのですが、意外と合いました。)

前回張っていた麻布は、裏からビス留めした場所に穴はあいてるし、座面だったところにしみもついてましたが、いまだにしっかり丈夫な麻布だったので、一応きれいに洗濯してとってあったのでした。

おしりにしいてたものを、首周りや袖口に。。というのは抵抗あるような気がしないでもないけれど、でもやっぱり、このままでは使えない状況のこの麻布を活かしてあげられる、いい機会だな、と思いました。

Img_1913 穴や汚れをさけて、布の織り目に対して45度の角度で、帯状にカット。こうするとどんな布からもバイアステープをとることができます。(バイアステープは伸縮するので、首周りなどカーブのあるところにきれいにフィットします)。

Img_1907 Img_1908 ぐるりと首周りに布を留めて、あとはチクチク手縫いするだけ。

シャツ生地のダブルガーゼも、かぶせる布のリネンも、どちらもスイスイ針が通るので、楽しかった♪

針が通りやすい布地での手縫いは、ほんとに楽しいです。音楽を聴きながら、ひたすらチクチクしていると、時計を持った灰色マンに追いかけられてた日々からすっかり離れて。。ほっこりします :) 『千と千尋』の「ぜにーば」の家に行ったときみたいな?

Img_1910 できあがり。やぶれは表側は襟の上半分だけだったので、上半分だけをくるむ感じにしました。

裏側は全体をくるんだので、第一ボタンの穴がふさがりましたが、第一ボタンは以前から留めずに着てたので、このまま放置 :)

Img_1914_3 袖口は裏側のダメージが少なかったので、表も裏も半分だけくるみました。ボタンも今までのままで問題なしです。

手術、無事成功 :) だいたいテキトウにやってしまうので、失敗するときは失敗するのだけれど、今回はうまくいきました。

* * *

ストーブに蒸し器を乗せておいて、巨大蒸しパンをつくりつつ、ほおばりつつ、ゆっくり手仕事できた1日でした。

しかしシャツ本体も、かぶせた布も、長くわたしとともにいてくれてるImg_1915 布たちなのだなあと、書いてみて改めて気づきました。

いつのまに、こんなに月日が経ってたんだろうって、浦島太郎みたいな気分です。

これから、どこへ行くんだろう?

と思ったら、「波間にて」という曲が、頭の中、流れだしました。

クラムボンの原田郁子さん作詞で、おおはた雄一さんの作曲。すごく好きな曲です。こんな詞。

あふれだした思いが 集まって 河になる
このまんま ゆきなさい なつかしい あの海へ

ずっと ずっと 先のこと

願いながら ゆきなさい
このまま ひとりで

あふれだした思いが 集まって 河になる

このまんま ゆきなさい あたらしい 彼の地へ

ずっと ずっと 昔のこと

思い出しながら ゆきなさい
このまま みんなで

ららら らららら 河になる

ららら らららら 河になる

先週、卑弥呼の神殿跡地で自然農でジャガイモの植え付けをする、という体験に恵まれて、それから、この島の昔を思って、北山耕平さんの『ネイティブ・タイム』という先住民の目でみた島々の歴史本を読み返していました。

卑弥呼の登場する時代にいたるまでの間にも、ものすごくたくさん、人は海に、陸に、移動を繰り返してきていて、自分がはるか昔だと思ってたことの、さらにその前に、こんなにもいろんな積み重ねがあったのか、とびっくりしました。

先へ進んだり、戻ったり、とどまったり、いろんなチョイス(またはチョイスのない瀬戸際さ)がその時その時にあったんだろうなと思いました。

今、東北では移動する人、した人、がかなりいて、わたしの近辺でも、移動する人、した人の知らせをたくさん受けていて、特にリアルに、転換期感を感じてます。

自分は、どうするんだろう。今は、未知の風を頬に受けて、じっと立ってるようなふうです。この風の読み方を学習しないとなぁ。。

PS 北山さんは、今どうされてるだろか。。最善をお祈りしてます。


posted by な at 19:39| Comment(0) | むかし

2011年01月07日

海上の他界

Img_7093 少し前のこと。。お絵かきの先生のところでセッションを受けている最中に、いくつか脈絡のないコトバの羅列が頭にぽっと浮かんできました。

ぼおっとする意識の中で「あ、これ覚えとこう」と思ったのだけど、いくつかあったうち覚えていられたのは1つだけ。「マツマエ」というコトバでした。

帰宅後、あれはなんだったろう、と思って、googleで「マツマエ」と入力して検索してみたら、松前健という、日本の神話の研究者がいたことがわかりました。

日本の神話については、どうもよくわからないままの自分がいて、興味もあったので、その人の本『日本の神々』を、図書館で借りてみました。

「初心者向き」なはずの本でしたが、難しい内容で。。研究者が書いた学術的な本、という感じでした。。。

あの降ってきたコトバが「これを読みなされ」というメッセージだったとしたら、ちょっとな〜と思ったわけですが、でも実は、1点だけ、ああこの本を読んでよかった、と思うところがあったんでした。

その1点とは、これ↓

「黄泉の国」とは、大昔は、「陰惨な地下の底の国ではなく、海上の明るい他界であったであろう」と松前さんが言っているところ。

沖縄のニルヤ、ニライなどと呼ばれる海上他界と同系の根の国であり、スサノヲの赴いた他界でもあった」(p14)

古くから、海岸にすぐ面したところにある岩壁が、「海の果ての霊の国への出発点ともされていたらしい」。『出雲風土記』には、脳磯の西の「黄泉の坂・黄泉の穴」という自然洞窟(現在の猪目洞窟)や、夜見島(よみのしま=現在の夜見浜)などが出てくるそう。

慰霊のために川に灯篭を流したりするのも、川はやがて海の果ての霊の国へとつながっているから、ということみたい。

こんな記載もありました。「オホナムチの出かけた根の国は、黄泉平坂があるとは言っても、陰惨ではなく、宮殿があり、スセリヒメのような美姫もいて、現世と変わりない明るい世界である」(p35)。

これが海の果てにあるとなると、ほぼ竜宮城状態。。。?

Img_7262冥界が、暗い地下の底ではなくて、大元は海にある明るい他界だというのは、グッドニュースでした。

にゃみちゃんが亡くなった後に自分が描いた絵が、なぜ、海に張り出す丘から海を見ている絵になったか、説明がついたように思いました。

今日も、昼間、晴れ渡る水平線を眺めていて、明るい海上の他界を、思いました。

* * *

松前さんの本を読み返していて、今、もう1つ印象に残ったこと思い出しました。

イザナギ・イザナミと、日の神・月の神との対応について。

イザナミは、ポリネシア神話の月の神ヒナに、とっても似ているのだそう。

月の神(夜の神)ヒナは、絶えず「死んでは復活する」(欠けたり満ちたりする)女神とされていて、世界に複数ある「月の不死と人間の死の由来」にまつわる神話の主人公。

そうした神話の1つ、ニュージーランドの夜の神ヒネ・ヌイ・テポの話が紹介されていました。

ヒネ・ヌイ・テポが自殺して冥府の女神となったとき、冥府まで訪ねてくれた夫(同時に父親)であるタネに向い、「あなたは現し世(うつしよ)に帰り、日光で人間を殖やし育てなさい。わたしは冥府に留まり、これを闇と死に引きこみます」と言ったという神話は、イザナギ・イザナミの黄泉平坂の生死問答とあまりにモチーフが似ていて、これもイザナギ神話の「南方的性格」を論ずる徴証の一つとされている」(p23)

イザナギ・イザナミの生死問答には、イザナミが一方的な悪者でイザナギが正義の味方みたいなイメージを持ってたけれど、このヒネ・タネのやりとりは、そんなふうではなくて、ただ、「生きる、死ぬ」という自然の摂理を2人で分担しようね、と言っているだけに聞こえて、好感もてました。

生かされることと死を迎えることは、太陽と月みたく、昼と夜みたく、両方で1組だよ、どちらも自然なことだよ、と。。

ここしばらく、南洋だ、南洋だ、海だ、海だ、と個人的な基盤をそちら方面に求め始めていたけれど、日本の神話を見ていくなかでも、やっぱりそっちの方向へ行っちゃう。。

でも、死を迎えたら、海上の明るい他界で、にゃみちゃんと、きれいなおねーさんと、宮殿が待っているんなら、すごくいいなぁ :)

冥界=闇となるのも、こちらから見ればの話ですね、きっと。ヒコーキで曇の層を抜けるとその上は晴れ渡っているように、向こう側へ行ったら、明るいんだろうな。

死者が水平線のかなたへ「水平移動」して異次元に入ると考えられてたのが、上下(天界や地下)に移動する意識になったのはなんでだったんだろう?

posted by な at 22:57| Comment(0) | むかし