2013年09月15日

ビッグアイランドへ

相方のお誕生日を、伊豆大島南端の海の見えるキャンプ場で過ごしてきました。

20130913_055559_2 毎朝、鳥のうたが嬉しくて朝日とともに起きていました。早朝、テントの扉を開け放して(蚊取線香を焚きつつ…)、遠くのテントに朝の斜めの光が当たり始めるのを眺めてたら、目の前の芝生に黒い大きめの蟻たちが、せっせせっせと歩いていました。蟻は芝の葉をよけて地面を歩くのでなくて、芝の先っぽを渡り歩くみたいにする。で、葉の先っぽについた朝露で顔をあらっている(?)蟻もいました! 前足を、後ろかえら前へと、なんども動かして頭をこするような動きをしていて、かわいかったです。

20130912_065718 蟻の朝支度を見て、自分も起き出して、海を見下ろす溶岩の斜面で朝のコーヒーを入れて1日を始めました。こんなに早い時間から朝ごはんにするなんて、ふだんならあり得ない(笑)。

すごく歌の上手な、雀よりも少し大きめの鳥もいました。地味な鳥なんだけど、飛ぶと背中が青いのがチラ見えする。あんまり歌が上手なので、わたしも思わず、自分の手づくりバードコールを取り出してピーチクパーチク言ってみましたが、ぜんぜん相手にされませんでした…。

20130911_165814 ねこもたくさんいて、カフェの窓際席で日記を書いていたら、目の前をわーわー大声でしゃべりながらひとりで通過する猫がいたり。大勢出会いましたがおおむね大島の猫たちは雄弁でした。そしてスリムな体をしていた。

海の生きものは、キャンプ場裏手の海岸のタイドプールにソラスズメやニシキベラ、クマノミたちがいました。暑かった朝、ちょっと一緒に泳がせてもらいました。海の岩場では手足をすりむいたりしないか心配だったけど、溶岩の岩というのはどこかやわらかい質感で、尖ってなくて、安心でした。

20130913_114123 キャンプ場の地面も、溶岩+芝という感じだったけれど、これが寝ころぶとほのかに暖かくて、やわらかくて、相当気持ちよかったです。実は寝袋の下にしくマットを忘れる、という一大ハプニングがあって、取りに変えると船に間に合わないので、段ボールをどこかでもらってきて敷いて寝るしかない、と腹をくくってたのですが、段ボールなしでも快適で、相方などは普段よりもぐっすり眠れたらしかった…。

20130912_08544120130912_10153420130912_103357 その溶岩を出した本人の三原山も歩いてみたけれど、頂上に着いて道が舗装でなくなるとトタンに足取りが軽くなりました。大小の溶岩の塊(スコーリア)が転がる道は不思議とやわらかで、上り坂も不思議とまったく苦にならずスイスイ上がれて、地面からどんどん元気をもらっているかのようでした。

20130912_110529 溶岩の平野をひたすら歩いていたときも、最高でした。自分の足がスコーリアを踏む音以外は一切が静かで、視界いっぱいに溶岩平野と空が広がっていました。

いい汗かいて歩いたあとは、三原山の絶景が目の前に広がる三原山温泉で露天風呂をいただきました。お風呂の時間は午後の部は1時からだったのだけれど、「準備ができたのでどうぞ」と一時間早く入らせてくださり、なんともありがたかったです。島のみなさん、やさしいです。

バスでの移動だったので、島のみなさんが普通にバスを利用するのを目にしたわけですが、島の人はほぼ誰もが(高校生もおばさんも)、乗り込むときに運転手さんに「おねがいします」、降りるときには「ありがとうございました」と言うのでした。アロハな土地柄…。そして道を歩いていてすれ違った女子高生が向こうから「こんにちは」とさわやかにあいさつしてくれたりもして。幾人か出会った高校生のみなさんに、颯爽とした空気感があったのも嬉しいことでした。

キャンプ場から徒歩圏内の、島南端にある波浮港は、小さな静かな港だけれど、大正時代にはものすごく栄えて、船が4列縦に停まって湾を埋め尽くす勢いだったり、港町も新宿を上回るにぎわいようだったりしたそう。昔の写真を見てびっくりでした。

20130911_161532 波浮地区を歩いて入って見た、古民家を改造した鯛焼きカフェでは、自分も使っていたことがある地球暦(ヘリオコンパス)を発見。フェアトレードコーヒーも売っているし、壁にかかっている草花でつくったリースは ピースマークをしているし、「ご自由にどうぞ」と置いてあるタロットカードも私が持っているのと同じだったり…なんだか傾向と対策が似ている店主のもよう、と 思っていたら、出てきたお兄さんは、なんと地球暦を作った開知さんのおともだちでした。びっくりした。

20130911_162350 鯛焼きもコーヒーもすごくおいしくて、心底くつろげるカフェでした。島京梵天という、鯛焼きとたこやきを食べられるカフェ。2日とも通いました…。島の高校生たちにとってもここは、帰り道に鯛焼きをテイクアウトする”エネルギー補給スポット”になっているもよう。

店主トモさんと最後お別れするとき、「波浮スキ」という特別な握手方法で握手してくれましたが、ここ波浮という土地をいとおしんでいるのはそれ以前にもばんばん伝わってきていて。トモさんも、たこやき担当のお兄さんも、おふたりともすごいいいエネルギーの方たちで、うれしかったです。おゆうはんのお世話までしてくださって、ほんとにありがとうございました!

20130912_154505 わたしも波浮の一帯が大好きになりました。トモさんに教わって行ってみた、筆島の海岸沿いの散歩道は、歩いていてなんともいえない幸せ感に包まれました。海を隔てて筆島が真正面にくる位置に、小さな祠があったので、低い小さな鳥居をくぐってお参りしたのだけど、手を合わせたときに、なんというか、特別な感覚が降ってきました。相方は、筆島の浜で波に足をつけたとき、「波はおだやかなのに、どこかドキドキする」と言ってた…。

20130913_112757 20130913_110901 20130913_060018 同じ南部のトウシキキャンプ場は、ほんとにすばらしかったです。あらゆる意味で、自分にとっての歴代ベスト…。海を見下ろす溶岩フィールドでコーヒーを入れて朝ごはんを食べたり、涼しい夜風に吹かれながら月が海に光の道をつくるのを眺めたり、視界いっぱいの水平線と海に向かって歌ったり、芝生に寝転んで天の川もくっきり見える満点の星空を見上げたり、裏手のタイドプールで波の影響を受けずにのんびりお魚たちと泳いだりできるキャンプ場…って、初めてです。しかも炊事場も、焚火のできるピットも、トイレも、シャワーも、なにもかも気が行きとどいて整えられていて。

管理人のいない無料の無人キャンプ場だけれど、利用者のある日はあきらかに係の人がお手入れをしにきてくださっています。感謝…。

ただ海沿いのキャンプ場なので雨風の強い日は相当チャレンジングなはずで…自分も到着してみるまで、ゲリラ豪雨の予報まで出ていたので相当びびっていました。風がおだやかで太陽が出ているだけで、ものすごくありがたく思いました。

天候に影響を受けながら日々を過ごせることは、でも、うれしいことです。自然の生きものの輪の中に混ざるには、必須のこと…。

* * *

相方がこの季節にお誕生日を迎えるおかげで、毎年面白い旅に出られて、ありがたいです。いつからか、旅をプレゼントするのが恒例になって、家から自転車圏内の近場を日帰り旅した年もあれば、とまりがけで少し遠出した年もあり…。去年は、船でしかアクセスできないキャンプ場を見つけてテント泊しました。電車の駅から歩いて船着き場に行けて、そこから船で入る、相模湖の「みの石滝キャンプ場」。車のない私たちには公共交通機関でスムーズに行けるキャンプ場でないと無理なのですが、その条件を満たして くれていた上、とてもすみずみまで気のゆきどといた、すてきなキャンプ場でした。

あそこも「また来たい」とすごく思ったけど、今回のキャンプ場は「また絶対来る」と心に決めさせてくれました。島のもう半分を歩いてみたいし、もっともっとゆっくりと島のエネルギーとお知り合いになりたい…。

20130912_105651 大島は、ハワイ島に似てる、と以前ここを旅した友達の写真をみせてもらったときに思ったけれど、大島を英語にしたら「ビッグ・アイランド」で、ハワイ島の通称とおんなじですね。

そして今回わかったのだけど、大島の真ん中にある三原山は ハワイ島のキラウエア火山、イタリアのストロンボリー火山と共に「世界三大流動性火山の一つに数えられている活火山」なのだそう。そういう意味でも、きょうだいみたいな島なんですね :)

このご縁をつないでいきたいです。

PS
キャンプ場では、今回、女性のソロキャンパーのテントのお隣に我々のテントを張りました。少しお話できましたが、もっと聞いてみたいことがいっぱいあったなあと、お名前だけ聞いて絡先を聞きそびれたことを後悔しまくっています。また会えるとよいのですが!(こ)さん、万一、このブログを目にされていたら、よかったら、ご連絡ください☆こちら、トウシキでお隣に参天テントを立てた2人組(+ギター)です :)

posted by な at 20:52| Comment(0) |

2012年02月06日

覆われる

Photo 1月にあった、脱原発世界会議。会場のボランティアスタッフとして、ほんのちょこっと関わらせていただいきました。

大勢の人が集まる場が苦手なうえに、一度に複数のイベントがあちこちで起こるようなイベントも苦手で。。。しかもボランティア仕事の担当になった場所も、苦手分野な場所で。。。プチパニック状態になっていました。

休憩をもらえたときに、会場内を少し見てまわったときも、ものすごい人人人に圧倒されて、1つ1つのブースやイベントはすごく興味を引かれる内容なのに、あまりまともに見れませんでした。

そんな中、4階の一番奥(わりと人の往来の少ないスペース)で、広河隆一さんのチェルノブイリの写真展示を見ました。

大きく引き伸ばされた写真1枚1枚の前に立って、見ていたら、こころの中がしん、と静かになりました。

中でも、今も心に残っているのは、青空の下、住んでいた人が避難した後の一軒家を、植物が覆っている写真。

写っている事実は、あまりにも悲しいものなのに、この場所を「美しい」と感じてしまいました。そう感じる自分が、自分で呑み込めず、少し動揺しました。

* * *

その後、台湾に出かけたわけですが。

Img_8411_2 1日、台北から南部の都市、台南へ足を伸ばしました。台南は南国感のある街で、昼間は半そでになれるほどあたたかで、海に接しているため寺院には海の神様がいて、古い建物も多く、静かでした。

ガジュマルの大樹が気持ちいい日陰と木漏れ日をつくっている、古い洋館のテラスで数時間、のんびりした後、ここらへんの地区で一応「観光名所」となっているらしい「樹屋」という場所へ行ってみました。

建物を木が覆ってしまっているのが見もの、ということらしかったのですが、行ってみたら想像をはるかに超える規模の大きさに、びっくり。

Img_8425Img_8418_2 大きな石造りの古い倉庫棟の、中も外も、巨大ガジュマルに覆われておりました。

あまりにものスケールの大きさに、笑いがこみ上げてきました。もうこうなると、建物の中にいるのか、木々の中にいるのか、区別つかない、くらいの感じ。

Img_1450 Img_1454 Img_1457 建物の中に、鉄の階段や回廊がつくってあって、いろんな角度や高さから見たり体験したりできるようになっていました。

その日は平日だったけれど、春節(台湾のお正月)前だったからか、わりと大勢の観光客が老若男女来ていて、みんな楽しそうに写真を撮ったりしていました。

Img_8429 Img_1462_2 この場所は、今回の旅の中でも、いちばん陶酔的に楽しい場所でした。

となりの芝生広場では、野良わんこさんたちが、だんごになってころげまわったり、まったり眠ったりしていたし。。。

* * *

帰国して、振り返ってみて、脱原発世界会議で見た、あの広河さんの写真に感じた美しさと、「樹屋」で感じた陶酔とのあいだに、関係がありそうな気がしました。

そこに、自分の個人的な真実があるんだろうな、と思った。まだうまく言葉になりませんが。。

Img_1589 台北で「ようやく自分の居場所に近い場所にめぐり合えた!」と感じたのは、学生街のあるエリアに行ったときだったのですが。

そこをぷらぷら歩いていたら、外も、中の入り口部分も、びっしり、鉢植え植物で覆われた建物に出くわしました。

鉢植えというか、正確には、「軍手植え」も多かった。。。

思い切って奥まで入ってみましたが、お店らしきものの扉には「ダイビングなんちゃら」と書かれていたし、でも窓ガラスの向こうはちっともダイヴショップではなかったし、結局なにをしている場所なのかは謎でした。

植物でもしゃもしゃに覆われていて、圧巻でした。でも1つ1つは手入れされ、管理されている鉢植え(軍手植え)。樹屋の野放し状態とは違いました。樹屋の場合、木に自分の意志がある感じというか、主役はもう建物ではなく木のほうで、「建物が植物に覆われている」んじゃなくて、「植物が建物を内包している」という、その感じが、大きかった。。。

 

posted by な at 21:43| Comment(0) |

2012年01月31日

新年快樂!

Img_8305 旧暦の暮れに、台湾に連れて行ってもらいました。写真は台北の喧騒のさなかにぽっとある、ニニ八公園で、平日朝、ベンチでくつろぐご老人カップル。

中華圏の国々では、お正月というのは旧暦のお正月(春節と呼ばれています)。今年は1月23日。古きよき暦にサイクルを合わせていて、うらやましいです。。

Img_1504 台湾では、春節には、パイナップルに赤いリボンをつけて、飾るようでした。日本の鏡餅の位置づけかな、という感じ。パイナップルのほかに、おおきなポンカンみたいなのにリボンをつけたのも売られてたっけ。

Img_1507 あとは、昔のお金の形をかたどったお菓子や、赤い包みのお菓子などもよく見かけました。

春節前は、そういういろいろな「お正月用品」を売る夜市が立つというので、そこものぞきにいきました。ものすごいにぎわいで、深夜までみんなエネルギッシュ。。もうこれは市というよりかは、お祭り騒Img_1387_2ぎ、という感じ。Img_1394 Img_1395

店番の多くが学生バImg_1402_2 イトさんとおぼしき若者たちで、それがまた、みんなとても楽しそうに元気にやっているのでした。

Img_1389 猫連れ、犬連れの店番の人も幾人もいました。この写真の、商品に埋もれるようにそこにいた猫は最初ぬいぐるみかと思った。。。

売り子さんたちはみんなわいわんどんどんお客さんに声をかけてきます。それはもう元気。

売られているものも、いかにもお正月用品なものあれば、これは別に普通の日用品では?これは普通の夜店屋台では?というようなのも、いろいろありました。台湾産のイチゴのカップ売りを買って、ほおばりつつ見て周り、カタコトの中国語でわいわいやりつつ、量り売りの台湾産黒皮ピーナツやら、お年玉袋やら、「喜」の字が2つ並んでる絵柄のスウィーツやらを買いました。楽しかった!

この春節用品の市でもそうでしたが、普通の夜市も、毎日とか毎週とか同じ場所であるはずなのに、ものすごい人でにぎわっていて、おどろきでした。そして、そのにぎわいの中にいると、それだけでなんだかわくわく楽しくなってくる。。。エネルギーのおすそわけをもらえます。

Img_1482_2Img_1483Img_8442 台南の花園夜市は満員電車並みに混んでいて、私は人ごみが超苦手なのに、なんだか面白くなりました。屋台ののぼりが夜空に向かってそびえたつさまは、さながら「夏の陣」といったふうで。。。Img_8446_2

連日こうやって、にぎにぎした場所に老若男女みんなで繰り出して過ごしているなんて。。なんて元気なんでしょう。。ここでデート、という設定のカップルも大勢いたようすでした。人ごみではぐれないように、思わず手を握らないと。。というような状況なので、デートにはぴったりかと (^^)

台湾の人は、夜市での子ども連れはもちろん、朝昼夜を問わず、屋台の並ぶ「美食区」でも、おしゃれな学生街のカフェでも、おしゃれでちょっぴり高級なイタリアンフレンチのレストランでも、子どもやお年を召した方がみんな一緒に、どうどうと来店していて、お店の人も快く迎えていたのが印象的でした。

Img_1531 さらに朝市では、車椅子を押してもらってやってきていたお年よりにも3人以上遭遇しました。病院に入院中とおぼしき、点滴チューブをつけたままのご老人(自力で歩ける方でした)も、人でごったがえす朝市で見かけました。

車椅子の人が通るときも、誰もじゃまそうにしてなかったです。

Img_1516 朝市で、「春聯」と呼ばれるおめでたい言葉を赤い紙に書いたものを売っている屋台で、どれにしようかあれこれやっていたら、買いに来た別のお客さんから「新年快樂♪」と声かけられました。その方は知的障害のある方のようでしたが、ひとりで買い物にいらしてました。

オールインクルーシブで、みんなで楽しんじゃう文化があるようでした。すてきだなあと思った。

* * *

Img_1338 あともうひとつ、印象に残ったのが、犬と猫が、すごく自由で幸せそうだったこと。

東京近辺では最近はもうのら犬はとんと見かけなくなりましたが、台北や台南には、いました。そしてわんこさんたちは、人が大勢行き来する駅のまん前の歩道や、観光名所の建物脇の歩道、川沿いの芝生の空き地などで、なんともまったりと、眠ったり、みんなでImg_1467 じゃれあって遊んだりしていました。

Img_1476 のら猫も、街角で姿が見えたときにちょっと声をかけたら、振り返って「にゃあ」と返事をしつつ、わざわざこちらに戻ってきてくれるほど、人懐こいというか、人を怖がらないのでした。きっと街の人から、よくしてもらってるからだろう、と思った。。。

Img_1595日本の猫カフェは、じつは台湾が発祥の地だったそうで、その元祖ねこカフェといわれる「極簡」というカフェにも行ってみました。

猫カフェという言葉はやや間違いに感じるほど、「猫が主」という感じがあまりない、ふつうのおしゃれなカフェでした。そこにたまたまいっぱい猫がおります、というふう。

Img_1603 お客さんたちは、なるべく猫のじゃまをしないように過ごしていました。猫がでんとテーブルの上に座ったら、その前のティーポットに手を伸ばして注ぎ足したいときも、なるべく猫の迷惑にならないようにそっと手を伸ばしたり。

ひざの上にずうっとキジトラ猫を乗せて本を読んでいたお姉さんは、トイレに行きたくなったとき、丁寧に猫に降りてもらっていました。トイレから戻ったとき、さっきまでの自分の席がキジトラ猫に占拠されているのを見ると、黙って向かい側の席に移動していました。

Img_1611注文された飲み物をカウンターでつくっている店員さんたちも、カウンターのあちこちにねそべる猫たちをよけて仕事をしていたし、カップをあたためる機械 「カップウォーマー」に猫が手をつっこんで暖をとるのも、そのまま黙ってそうしてもらっていました。「そのカップはお客さんの唇にふれるんだから、そんなところに手をつっこんじゃダメ」とか言わない。

Img_1596 雑貨を売ってるコーナーでは、ハガキとかノートとかカレンダーが並んでいる、その同じ棚の中に猫棚もあって、ハガキのとなりで猫がそこここに寝ていました。

見事にピースフル&自然な共存ぶり。。

猫は完全に場に溶け込んでいて、存在がでっぱりすぎていなかったし、お客さんの猫への接し方も、レスペクトがあって、かといって特別扱いもしすぎずで、ぜんぜんでっぱりすぎてなかったです。

小さい子やお年寄りをどんな場でも排除せず、自然に一緒にいると同じ感じで、猫とも自然と一緒に同じ場を共有する感じでした。

カフェの猫たちは、「差不多」(ほとんどが)元流浪猫だそうでした。”カフェの猫”になってからも、外へ散歩へ行くのは自由のようでした。(ただし猫ドアはないので、出たいときはお客さんの店の出入りを待っていた)。

Img_1355台湾、またすごく好きになりました。それに、旧暦という昔ながらの暦に沿って暮らしていく感じも、また、すごく身になじみはじめています。

西暦でない時間を軸にして、英語ではない言語を共通語にして、独自の文化を繰り広げている中華圏の人たち。まだちょこっとかいまみただけだけれど、すでに「わー、こんな世界が広がっていたのか〜」と今まで知らなかった新しい景色がぐわんと広がる感じに、驚きを覚えています。

漢字ばかりが並ぶ街並みひとつとっても。。かっこいいです :)

posted by な at 01:22| Comment(0) |