2013年12月15日

ぐるぐる編み物のひとめぐり

編み物をはじめたのは去年の冬でした。季節を一周廻って、また冬が来ました。このひとめぐりをふりかえってみます。

Photo 3本の棒針でぐーるぐると輪っかに編んでいく方法を知り、すっかりとりこになって編み進めた最初のウールの靴下は、左右の長さがうーんと違ってしまいました。同じ段数のハズなのに……目のきつさ(手加減)が変わっちゃったせいみたいでした。

でも、とりあえず、初の靴下編みができたことがご満悦で、この技術を応用すればできるはず、と、次はドイツ製湯たんぽ(ファシーの湯たんぽ)のカバーをてきとうにデザインして編んでみました。

20130122_151432 このときは無謀にも、輪編みしつつの編み込み模様に挑戦。編み込みってどうやるのかよくわからないまま、ハート型にするための模様の図を自作して、てきとうにやりました。

そしたらハートのつもりがヒゲが出て、ねずみみたくなりました。。。でも湯たんぽへのフィット感は良好で、今も活躍中です。

20130213_151953 次はまた靴下に戻りました。2足目の靴下は、左右の大きさが全体的にちょっと違ってしまいました。。。

でもご愛嬌ということで、相方にプレゼントしました。

20130314_101637 3足目は、大きさはようやっと左右でそろえることができました!が、糸が足りなくなって、デザインが左右で大きく違ってしまいました。。。

でもまあ、これも味かなあ、と思って、これは自分で愛用しています。

20130321_113730 4足目は、はじめてウールでない糸を使ってみました。ヘンプといらくさのブレンド糸。手紬ぎの糸みたいで、太さが均一でないばかりか、細いところでは切れちゃったりもして、なかなかチャレンジでしたが、できあがった靴下は履き心地よくて気に入っています。

かたっぽの足だけ、かかとにワンポイントの編み込み模様をいれてみました。青い鳥、のつもり。靴下はかかとのところだけ一時、輪編みでなくなるので、ここなら編み込み模様を入れやすいのでした。

20130808_213245 夏になって、今度は夏向けの靴下を編んでみました。母が大昔に(たぶん20年くらい前)に買っておいていた、ブルーのコットンの糸で。

母はくるぶしくらいの丈の短い靴下が好き、というので、そういうのを編みました。片方編み上がったところまで、母に見せることはできましたが、母はその後他界してしまったので、この靴下をプレゼントすることはできなかった。。。珍しく左右わりと同じサイズに編めたのに。

お仏壇にしばらくお供えしておきました。

母が他界して、母の膨大な量の遺品を、家族と整理する日々が続きました。そうしたら、母自身も忘れていたであろうところから、またウールの毛糸がたくさん出てきた。

20131026_184603_2 それをもらって帰ってきて、晩夏から、次の靴下を編みはじめました。ブログで少し前に書いた、あの、両足のデザインをわざと変えた靴下。

中細のウール糸なので、4番棒針で。このあたりから、サイズは左右だいたいおんなじに編めるようになってきました :)

20131112_10493320131112_104239 母の残した糸はいろんな色が少しずつあったので、次は左右のデザインが同じウールソックスを編みました。

色の掛け合わせを考えるのが楽しかった。違う色がブロックになって連なってくのを見ながら編むのは、すごく楽しいです。今回のはちょっと長めの丈にして、くしゅっとしてはくこともできるようにしてみた。これも4番棒針で、中細の糸。

20131120_132825 このあと、近所にあるアジア女性の自立支援をしているリサイクルショップで、きれいなペールグリーンのモヘアの毛糸を見つけました。細かったので、母の残したペールブラウンの極細のウール糸と二本どりにして、アームウォーマーを編んでみました。

二本どりってどういう風になるのか見てみたかったのと、あと、編み込み模様に挑戦してみたかった。初めての編み込み模様は、意外と簡単で、なわ模様になっていく様子が楽しくて、どんどん編み進めてしまいました。

二本どりにすると、ニュアンスカラーになるんですねえ。編んでみるまでどうなるかわからないっていうのも、おもしろかった。

輪編みでおやゆびの穴をあけるやり方も、はじめてのことで、勉強になりました。よくこんなこと思いついた人いるなあ!と関心しました。やってみるとシンプルでした。

端の部分は、図書室で借りてきた本にあった、ガーター編みで終えるデザインを参考に編んでいましたが、編んでみると、ガーター編みはあんまり好きじゃないことがわかりました。

なので、ほどいて、一目ゴム編みでやりなおしました。一目ゴム編みの端をとじるのも、はじめてのことで、やってみながら、これを考えた人すごいなーと関心しました。

ほどいてやり直し、というのも、やっとあせあせせずにできるようになってきました。アクシデントでほどけちゃった目を復活させるのも、なんとかできるようになってきた。

20131213_184757 アームウォーマーが編み上がると、やっぱりまた、靴下が編みたくなりました。靴下は、なぜか、編む充実感がある。。。

で、今度は家族以外の人へのプレゼントにしよう!と意気込みましたが。。。やっぱりデザインがふぞろいになってしまいました(汗)。

* * *

編みあがっていく毛糸の色の組み合わせとか、糸の質感。それらを見たり触れたりするのは、ほんとうに喜ばしいです。。。。それがどんどん編み進む推進力というか、原動力になっています。

母がたくさんすてきな糸を残してくれていて、ありがたいです。

あと、不思議と、編んでいるあいだ、自分のまわりにバリヤーが張られる感じがします。なにか、守られるというか。これはほんとに、編み物を始めてみて、はじめて知りました。

20130122_112342自分にとってチャレンジな場に身をおくときも、編み物をしながらそこにいると、その場に影響されすぎずにすむ感じがします。これまで、なんども救われました。。。

それで。。。ひょっとしては自分は蜘蛛だったのかも、という感じがしています。。。編み物をしていると、この場に糸を張って自分の場にしているようなつもりになれるような。。。?

二本の棒針やかぎ針で平面に編むのはとんと楽しくなくて、3本以上の棒針でぐるぐると輪編みする場合にのみ楽しくて仕方ないというのも、蜘蛛っぽいような気がします。。。ふふふ。

次は何を編もうかなあ。。。

posted by な at 21:48| Comment(2) | くらし

2013年11月12日

秋の衝動

秋たけなわ。最近、ものづくりがしたくてしたくて、なにか手を動かしていられればハッピー、というふうです。

家族が他界して数カ月のあいだしーんとしていた自分の内側が、もぞもぞ動きだしたのと、暑さでへべれけになっていた夏が終わって、秋が来て元気が戻ってきたのとで、ものづくり衝動がさく裂しているみたいです。

20131105_114501 ここ最近は、思い立って、木製タオル干しを作りました。

あともう数枚、タオルが干せる場所があると便利なのになあ、と常々思っていて、小さい市販のタオル干しを買おうかとも思ったのですが、つくってしまえば、自分の希望通りの大きさや使い勝手にできるねえ、と思い立ったのでした。

ベランダがないわが家はサンルームの中に干すのですが(中庭はお隣さんたちと共有してるので極力洗濯物などは干さないようにしていて)、サンルームは屋根に近いほうが乾きがよい。なので、スタンド式でなくて、吊り下げ式のタオル干しにしました。

地元の地場野菜の直売所に行って、今日なにが売っているかなーと見て、それで献立を考えるのと、ちょうどおんなじようなノリで、近所のホームセンターへ自転車を走らせて、どんな材料があるかなーと見て、その場でおおまかに設計を考えました。

20131101_180710 そして、ひのきの角材と、ピアノ線、ネジ、金属のプレート(コーナーなどを固定するもの)をゲットしてきました。

断面がL字型になっている角材があったので、それをふたつ合体させた間にピアノ線をはさむことを思い立ったのでした。

20131104_115519 テンションをかけながらピアノ線を張って、外枠を固定し て。

最後に手持ちのハンガーを中央にくっつけました。

一時は、こんなものつくってもだめだ…と意気消沈したのですが、まあ、これはプロトタイプ1号だ、とりあえずこのまま作ってみて、使ってみて、だめならまた手を加えていけばいいや、と思い直して、ひらめくままにつくり進んでいきました…。

20131105_114528 20131105_114546 ハンガー部分は折りたためる仕様にしてみた。ハンガー部を左右で固定する赤い紐の、片側だけ、ピンチで着脱式にした。(赤い紐は、前に使っていたゴーヤカーテン用の園芸ネットにくっついていた糸で、細くて丈夫)。

外したピンチをとめておける場所もつくってみました。

たたんでスリムに収納できます。

20131105_114327 でもかけっぱなしでも、さほど圧迫感がないので、もっぱらかけっぱなしにしています。

実際に使い始めてみると、見た目も、本体の重量も、なにしろ軽やかなので気に入りました :)

20131104_114807タオルがかかると、こんなふうになる。タオルがかかった状態で室内に移動するときも、重たくないのでラクです。

問題は(後から気付いたのだけど)ピアノ線は水分でさびるかもしれないこと…。

さびたら、なにかビニールテープ的なものを巻くとか、考えないとです。

屋外での使用は想定してないのだけど、木枠に柿渋とかを塗れば、外でも使えるようになるかなあ。そこはまた追って考えようと思っています。

毎日の暮らしで使うものを、見るたびに嬉しい気持ちになるものにすると、暮らしの幸せ度が確実に上がるなあと実感しています。こういう小さい細部に、よろこびがあることが、よろこばしい日々をつくっていく、ということを、最近感じています。

* * *

壊れたままだったものを直すことも、猛烈な勢いでやっていました。直ってまた気持ちよく使えるようになると、それがまた毎回よろこびをくれるのでした。

使い方を誤ってきたおかげで、黒ずんでしまって、もう捨てるしかないかなあとあきらめかけていた檜のまな板も、そんな1つでした。

黒ずんだところを、前に、紙ヤスリと彫刻等で削ってみていたんだけど、削り方がへたっぴすぎて、なおさらひどくなってきてしまっていました。

20131030_233739 で、もうさよならするしかないか、と思ってたのですが、それならだめもとで、と鉋をかけてみた。

このまな板は薄手で、とっても軽くて、刃あたりもやわらかい。じーっと見ていて、「この板はあきらかに、かつおぶしよりも柔らかい」と結論したので、まずは、手元にあったかつおぶし削り器をつかって、鉋がけを試みました。

が、刃の幅が狭すぎて、難しかった。そこで、速効で近所の金物屋さんへ自転車を走らせました。

ずっとあこがれていはいたけれど、難しそうで自分には使えないと思っていた、鉋。鉋を買っちゃうぞ、と決めると、一気にテンション上がりました。金物屋さんのおばちゃんが、簡単に刃の調整の仕方を教えてくれて、鉋を売ってくれました。

家に帰ってさっそく、習ったとおりの場所をトンカチでたたいて刃を出していこうとすると…あれれれれ、逆方向に刃が動いてく……。すったもんだをくりかえし、ネットで使い方を検索したら、おばちゃんの情報が違っていて……でも、おかげさまで、刃をいったん抜いたところからの調整をやってみることができて、勉強になりました☆

鉋がけを始めると、もう止まらないくらい、たのしかった。すべすべになっていくまな板。ふわふわと増えていく、鉋くず。削った下から新しく薫る、檜の香り。

大工さんがやるように、紙のようにぴろ〜っとはなかなか削れなかったけれど、だんだんとコツのようなものがわかってきたり。逆目のところでへんなふうになったりもして、それもチャレンジでした。結局逆目のせいで完璧につるつるすべすべにはできなかったけど、でもまな板として十分気持ちよく使えるレベルにまで回復しました。

今は毎日、このまな板を使いながら、ああ、捨てなくて済んでよかったなあと嬉しくなります。

あこがれの鉋がけをやってみれたことも、すごくうれしいことでした。できないと思ってたことも、やってみたらいいんだな、と思いました。最初はへたっぴで当たり前。やりながら少しずつ、上手になっていけばいいのだと思うのです。

そして秋の衝動はつづく…のでした。




posted by な at 19:55| Comment(0) | くらし

2013年10月29日

養生デイズ

秋になって、体調を崩していました。臥せっていたり、家から出られないような日が10日以上続いてましたが、ここ数日でようやく抜けつつあるかなあというふうです。

養生の日々は、はからずも、ちょうど翻訳の仕事はぽっかりとあいていたし、通訳の仕事もまばらにしか入っていない時期だったので、ちょうどよく家の中でのんびり過ごせました…。買物にも行かれないので、家にあるものであれこれ工夫したり、少し調子のいい日にはいろいろ手を動かしたりできて、よかったです。

しんどいのはつらいけれども、様子をみいみい、手を動かしているのは、心の養生にもなったかも…。

以下、養生デイズのささやかな成果です。

20131017_103207 20131017_141946 まずは、栗。今年初めての栗でした。滋賀のともだちのお父さんの畑の栗の木からやってきました。

とれたてをおみやげにくださったのですが、栗の扱いは初心者なので、とりあえず茹でて、皮をむいていただきました。とっても滋味あふれて、ほっくりしてて、おいしかった。

全部茹でて皮をむいておいたけれど、そのまま食べなかった分は、その後、玄米甘酒と塩ひとつまみを混ぜてつぶし、栗あんにしておきました。

20131022_103745で、そのままトーストに塗って、栗トーストにしたり、まんじゅうの皮を即席でつくって栗まんじゅう(お焼きみたいな、焼きまんじゅう)にしたり、最後は蒸しパンの中に20131019_113920_2 仕込んで20131024_163402栗蒸しパンにしたり、いろいろに楽しませてもらいました。ごちそうさまでした :)

* * *   

相方がおいしい紅玉を箱いっぱい買ってくれて、おやつに焼きりんごを作ったのも楽しかったです。

20131025_163637_2 りんごを半分に切って、芯のところをくりぬいて、くるみとレーズンにラム酒とメープルシロップをからめたものを、くりぬいたところに詰めて、180度のオーブンで20分(途中表面がこげないように、アルミ箔をかぶせたりしつつ)。簡単だし、秋の味覚を楽しめるしで、今の季節におすすめかも :)

くるみは、トルコにきょうだいのいるともだちがくれたもので、そのきょうだいのダーリンの実家の庭からやってきました。はるばるよく来たね〜、と思いつついだだきました。

20131025_211335 割った殻も、おおぶりでしっかりしているので、中に蜜蝋を溶かし入れて、小さいキャンドルにしました。これは水にも浮かぶので、フローティングキャンドルとしても使えるらしい。

このキャンドルは、中身のくるみの実のかけらととともに、姉のところで数日前に他界した小鳥のぴよちゃんへのお供えにしました。

蜜蝋キャンドルで流れ出たりした蜜蝋のかけら、とっておくと、こういうときに便利です。

くるみをくださった(ふ)ちゃん、ごちそうさま&ありがとう!

* * *

蜜蝋キャンドルもよいですが、ソーラーライトも相当好きです。少し前にソーラーライトの工作にはまっていました。

Instructablesというサイトに載っていたSun Jarの作り方を参考に、それをもっと簡易バージョンで。(このInstructablesというサイト、いろんな人がDIYアイデアを投稿し合うサイトで、見ているとかなり楽しいです!)

20131011_113338 Sun Jarっぽいソーラーライト、こんなのができました。一番の望みは屋外で充電中に雨が降っても大丈夫なソーラーライトを作ること(キャンプで使えるといいな、と思って)だったのですが、瓶の中にソーラー部品の部分を埋め込んでしまうこのタイプなら、雨の心配無用です。
20131012_052510
ただ、明るさが…だいぶん暗いので、ナイトライトくらいにしかなりませんが。

ソーラーライト部分は、小さめのガーデン用ソーラーライトの脚と照明カバーの部分をかぱっとはずしたもの。電球部分の回りに反射用にアルミ箔をくっつけて(少しでも明るくなるかと)、あとは樹脂製氷キューブを詰めた透明の瓶に入れただけです。(樹脂製の氷キューブよりも、ほんとは透明なおはじきとか、ビー玉とかを入れたかったけれど、重さがだいぶん増すので、今回は携帯性を考えて樹脂製です)。

充電するために太陽に当てているあいだ、中の樹脂氷が光を乱反射してなかなかかわいいです :)

20131012_191007 20131012_183851もうひとつ、これは友達へのお土産に、もう少し大きめで、光の色が白のバージョンもつくってみました。ブルーの氷もところどころ入れたので、ちょっと涼しげになってしまった…。

「水槽みたいや〜」と言われました ^^;

* * *

20131026_125227 この秋最初の、火鉢への火入れも、養生デイズのあいだでした。

20131005_155802 ロケットストーブコンロで炭を熾しました。あったかかった。

ロケットストーブコンロは、初秋に、ペール缶1段式だったのを、1と1/3段式に改良したばかり。そのときついでに、きりとったペール缶のかけらで灰をかきだすツールも作ってみました(ふたからぶらさがっているものがそれです)。なかなか使い勝手よいです :) 

ヒートライザーの高さが増したら、炎の引きがぐんと向上して、少ない薪でも立ち消えがなくなりました。

20131002_194718 炭おこしの他に、重ね煮を作ったり、目玉焼きを焼いたり、などしてみています。

20131004_113522 使う薪の量はほんとに少ないのです。ロケットストーブコンロは、薪の太さや種類によってはかなり豪快な火になるようですが、自分の家も両隣も木造家屋の我が家ではそれはちょっと怖いのもあって、庭の木の枝や浜の流木など、細い薪でやっています…。

20131004_110305_2 「すす」がどのくらい調理器具につくのかも、アルミの簡易うつわで試してみましたが、思っていたより少なかった(皆無ではないけれど…写真右側のほう)。

* * *

20131026_125836 そして、火鉢にあたりつつ編みすすめた靴下も、とりあえず1足完成しまし た。

毛糸が足りなくなった関係で左右非対象になった前回の靴下が意外とかわいかったので、今回は意図的に非対象にしてみた…のですが、前回ほどかわいくない…。でも相方は気20131026_184603_2に入ってくれて、穿いてくれています。

今は次の靴下を編み中ですが、目下の悩みは、読書と編み物が同時にできないところ…。両方同じくらいやりたいので、選択を迫られてしまいます。

服はほとんど、いとこや亡き母からのおさがりか、近所にある、アジア女性の自立支援のためのリサイクルショップで買ったものを着てますが、靴下と下着だけは、自前で用意しないとなので、靴下を編むことを学び始めてよかったです。

編み物への苦手意識があったのだけど、3本針で編むことを知ったら、ウソのように苦手意識が吹っ飛びました。秘密は、おそらく、3本針でくるくる編む、というところだったと思われる…。ワルツの音楽で輪になって踊るような感じで、どんどん楽しく編み進むことができてしまうのです。

2本針の編み物で挫折した人には、ぜひ3本針をおすすめしたいです :)

* * *

こんなふうにのんびりできた養生デイズ、なかなかないので、なかなかよかったです。世間的には「ゼイタク」の範疇に入るのかも、とも思う…。でもそもそも、暮らしのテンポって、そこまで加速しなくてもよいものかもしれない、とも思ったりします。

少なくとも、今の時期の自分にとっては、このテンポが合っているようです…。人それぞれ、それぞれの時期によって、いろいろなんだろうと思いますが!

posted by な at 18:53| Comment(2) | くらし