2016年03月23日

休日

20160323_173415 ヒメスミレらしきすみれが、「猫の額庭」に花を咲かせているのを、みつけました。予期しない場所にぽっといる、その感じが好ましかったので、写真をとらせてもらった。うつむき加減な咲き方をするのは、クリスマスローズたちと似ているな。

今日はまる1日、お休みの日にしました。ようやっと、読書の午後を過ごしました。まともに本を読むのは、3カ月以上ぶり。。。! 20160323_154750 お誕生日プレゼントに、サプライズでもらった『森は考える』という本なのだけど、意外に、ここしばらく自分が受けてきた刺激の中身を反映するというか、統合するというか、そんな内容で、ああ、全部つながっているし、ふさわしいときというのがあるんだな、と思いました。

夕方からはフィンランドの伝統食「カレリアン・ピーラッカ」を焼いたりして過ごしました。パン焼きも、かなーり久しぶりです。

20160323_195759 カレリアン・ピーラッカは、ライ麦粉の皮の中に、お米のミルク煮をつめて、オーブンで焼くのだけど、想像していたより、ずうっと簡単だった。。そして相方はめちゃくちゃに喜んでくれました。たべるときに、ゆで卵のみじん切りにバターを練り混ぜた「卵バター」というのをトッピングするのが定番らしく、それもやってみたら、なかなかおいしかった。

20160323_23451220160323_234645_2 夜は、好きなラジオ番組を録音したのを聞きながら、ノコギリの柄を削り終えました。少し前に、小さめの替え刃式ノコギリをホームセンターで見つけて、いいな、と思って入手したら、とても使い勝手がよかって、うれしくて。ピンクのプラスチックの柄のかわりに木製の柄をつくったら、もっと愛用できそうだなと思えていました。20160312_19000220160314_124409 刃ものの柄づくりは、初めてだったけど、なかなかおもしろかった。

ついでに、このノコギリのケースも、好みのボール紙で作成。北海道のマルセイバターサンドのあき箱で。

手を動かすと、ふしぎと心がやすまります。

たくさんの人に会って、いろんな刺激を受け取ってきた日々の後、こうやって過ごすと、ここしばらくのいろんなことがぽっと浮かんでは流れていって、「あのときのあれは、こういうことだったのかも」というふうに、その場その瞬間にはわけのわからないままにいたことの意味がこころに浸み込んできたり、別々だと思ってたものごとがつながってた!と小さいひらめきが降ってきたり。

お休みは、気分転換したり養生したりしてエネルギーをチャージする、という意味でしか、あんまり捉えてこなかったけど、消化とプロセッシングの時間でもあるのだな。。

posted by な at 00:18| Comment(0) | 季節のこと

2016年02月21日

走る

20160217_091820 淡い色のクリスマスローズが、3年越しで、とうとう大きな花を咲かせてくれました。葉っぱだけだった今までも、すごくかわいかったけど、こう見事な花が咲くと、おおおお、と思います。

昨日たっぷりと雨が降って、今日は空がぴかぴか。まさに「自転車でホームセンターまで走る日和」だったので、行ってきました。川沿いの道をぐーっと走った。気持ちよかった。

大好きな鵜がいました(いまだにウミウなのか、カワウなのか判別がつかない。。。くちばしの端っこの形をみるとわかるそうなのだけど、遠すぎてわからないのだった。。)。ユリカモメも大勢いた。陽を浴びて楽しげでした。

少し前だけど、この川に鵜が一羽、泳いでたと思ったら消えていなくなり、あたりはしーんとしたので、おかしいな、と思いました。そうするうちに、川面にほんの少しだけ小さな気泡が上がったので、じいっと注目していたら、そこからさらに距離のあるところで鵜が水面に顔を出しました。あまりに長い時間だったので、この潜水能力はすごいぞ、と思って、次にこの鵜がもういちどもぐった瞬間から、秒数を数えました。水面に出てくるまで18秒くらいあった。体は小さいのに、すごい。

鳥の話が続いてしまうけれど、今年さいしょの「ほーほけきょ♫」が聞こえてきたのは昨日でした。一気に「春スイッチ」が押される感じ。その2日前には、2人組のメジロがローズマリーの花のところに朝ごはんを食べにきていて、びっくりしました。メジロってローズマリーの花の蜜?を食べるんですね!

心楽しくなってきます。

20160216_132632 といっても、先週までは仕事でバーンアウトしたりしていました。月20160216_133007 曜納品の仕事を終えて、火曜日にはへたれになって、近所の灯台のところで、じいっと海を眺めて過ごしました。そうしたらだんだんリカバーしてきた。海のそばにいると、自分が何を感じているかが、だんだんじわりとわかってくるのでした。ありがたいです。

相方と仕事の合間に、2駅先のカフェまで、海沿いを自転車で走ったときも、帰り道、夕暮れと月と海とに囲まれて、ただただペダルをこいでいた時間が至福でした。いつもとは質の違うよろこびだった。原初的なよろこびに近いような。。20160219_173705

あわただしい日々で幸せ度が下がっていたので、こういう瞬間は尊かった。

しかし全般的に時間が足りないのは、わたしの仕事スピードが遅いからなのか、世界の時間の速度が速まってるからなのか、両方なのか。。。今週のお仕事は、絵本の訳の編集と校正を2日で、というもので、そんなやっつけ仕事をしていいのかな、と不安になったくらいでした。でもこのテンポが普通なんだろか??

なんだかあわただしさのなかで、ふつうのことをないがしろにしてるように感じるときが増えているような。植物にお水をあげるときに植物やカナヘビとあいさつすることとか。。ごはんを食べるときに、食べているものをちゃんと味わうこととか。。。

個人的に少し「躁」っぽい時期に入っているからかもですが。。。時間とのおつきあいも含め、ちょっと小休止して、リセットできたらなあ。。。それとも今はリセットでなく、このままぶっちぎる時期なのか。。。自転車で川沿いや海沿いをぐーっと走るのがこうも幸せななら、今はぶっちぎっているほうが正解なのかな??

posted by な at 18:21| Comment(0) | 季節のこと

2015年12月19日

もうすぐ冬至

20151219_152510_2 12月の関東は、空がきれいなところが気に入っています。いろいろ気ぜわしいけど、澄んだ空からとどく透き通る陽の光を、しばし、じいっと味わうひとときは至福。。

もうすぐ冬至。一年で一番夜の長い日だ。

20151127_155526 今年も「猫の額庭」からのいただきもので、常緑のリースを作りました。ハツユキカズラの輪っかに、3種類の常緑の葉っぱ。しかしなぜか今年はわが家の柊は全然赤い実をつけず(汗)。しかたなく、ナンテンの赤い実をつけました。20151130_133555_2

でもじきにナンテンの葉はちぢれてきちゃって、実も落ちてしまったので、その後は、センダンの木を削ってつくったジプシーフラワーをかわりにつけました。ちょっと渋い感じになっちゃった。20151219_152631

今年はあと、ふと思いついて、ローズマリーの枝のミニリースもつくってみた。ともだちへのプレゼントに。

ローズマリーは、数年前に、ある方がおみやげにと、彼のおうちの庭で育っていたのを束にして持ってきてくださった中の1本を、庭の地面に挿してみたところから、今はどんどん成長してふさふさに茂り、薄紫の花をたくさんつけるようになったものです。いい香りがします。

20151130_151633 土台の輪っかは、庭に生い茂っているカニクサのつるを乾かしたものを、やっぱり庭で元気なハツユキカヅラのつるで巻いたもの。20151130_154747_2

ふたっつ、つくりました。ひとつはこんなの。大事にしていた20151130_170948_2木の実コレクションから、大好きなモミジバフウの実をトップにつけて、ボトムは千日紅のドライフラワーと柊の葉です。モミジバフウの実以外はさしこんであるだけなので、はずれやすいかもなんだけど。。。なるべくワイヤーを使うのは最小限にして、まるまま土に還るようなリースをつくりたいと思って、いつもそうしています。

もひとつはトップにセンダンの生木を削った白いジプシーフラワー、ボトムは赤いリボンにしてみた。

そんなこんなで、少しホリデーシーズンを味わっているこの頃。ふだんお酒を飲むことほぼ皆無なのだけど、ホットワインなぞをつくって(アルコール分を飛ばして)飲んだりしています。

20151212_222149 赤ワインに、アーモンド、クローブ、オレンジピール、シナモン、生姜、レーズン、カルダモン。スパイスの味が染みて、おいしくなる。からだもあったまります。

* * *

色々忙しくて、それ以外は、さしたる手仕事はできてなくて、毛糸の靴下の穴開きをつくろうとか、持ち手のとれた手提げを直すとか、そんなことばかししています。

20151211_133012 あ、相方にクリスマスのプレゼントに、メガネ入れはつくりました。相方はメガネを外していることが多くて、いつもメガネは肩掛け式のメガネポーチなるものに入れているのだけど、少し前に、ポーチごとメガネをなくしたのでした。

前は布で手づくりしたりもしたけど、今回は、ちょっと趣向を変えてみたくなり。。。フィンランドの、シラカバの皮で編んだメガネ入れの存在を知って、おおーと思い、それを肩掛け式に改造してみた。20151211_14542120151211_14550120151211_145654麻のリボンを半折にして肩ひもをつくりました。それを白樺細工の編み目に沿わせて固定。白樺細工は使い込んでいくうちに、飴色にエージングしていくそうですが、果たして行方不明にならずにそこまでいけるかな。   

エージングといえば。。。春に桜の枝でつくったコーヒースクープが、季節を2つめぐって、コーヒー色に染まってきました。コーヒー豆のつぼのなかにいつもつっこんでいるためです。

Img_939820151207_132034左が元の色。右が今の色。まるでこんがり日焼けしたみたい。。。

今年はスプーンなどのカトラリーをいくつかつくってきたけれど、簡単なオイル処理しかせずに人に差し上げたりしていて。。(汗)、やっぱりちゃんと時間をかけて油分を浸みこませてからのほうが、耐久性もあがるし、よいだろな、と実感しているところ。

ああしかし。このところ木を削れていません。。年末年始は実家に帰るのだけど、おせちづくりの合間にでも、木削りをしたいもんです。うずうず。

木工用エプロンとナイフを、一応持参しようと思います。。。

posted by な at 16:43| Comment(0) | 季節のこと