2007年03月28日

かぎりなくなんにもないような

くるりのベーシスト、佐藤征史さんがすきです。というか、佐藤さんの弾くベースが、めちゃくちゃすきです。もちろんボーカル&ギターの岸田くんのうたもギターもだいすき。

近年は、なんのかんのといろんな音楽を聴いても、やっぱり「帰るところはくるり」みたいなふうです。元気が出ます。

自分がすきなものを、なんでそんなにすきなのかっていうのは、やっぱりなぞです。理由なんかない、わからない、でもとにかくすき、という。。。

やっぱりそこには、なにかドリーミングがあるんだろうけれど。

このあいだは、岸田くんの実家がブラジルにあって、岸田くんのご両親はインディオの人たちで、ブラジルで宿をやっている。その宿に泊まりに行く、という夢を見ました。それはそれは美しい宿で、ご両親も、言葉は通じなかったけれどとってもすてきなやさしいかわいい人たちで、とってもシアワセでした。

まあ、この日、ポルトガルのサッカー選手のデコが、ポルトガルに帰化したブラジル人だったことを知って、「へえー」と意外で、東洋人にちょっと似ているデコはきっとアマゾンのインディオ系に違いない、と考えたりしていたので、岸田くんのご両親をインディオにしてしまったみたいです(実はデコは、おじいさんがインドからの移民とのことでした)。

さいきん、カゼをひいてから、ひととおりなおったあとも、みぞおちのあたりを風がすーすー通って、下半身もなんだか全般的にスカスカで、力が出ません。自分自身が、れんこんのようにスカスカで、こうして今日またブログを書いていても、ほんとに、なんというか今まで以上に、書いても書かなくてもいいようなことを書いている気がします。。。

同じ現象は、昨日、タロットの絵を描きに行った時も起こっていて、画用紙に向かっても、なんにも具象的なイメージがやってこず、ただボンヤリと色がひろがるのが見えるだけだったので、その色にただ従っていったら、今までになく抽象的な、向こう側が透けて見えそうな、スカスカな絵になりました。(11・力の女神なんだけれど。。。)

一緒に描いた方の絵がエネルギーに満ち溢れていただけに、自分の絵のスカスカ感が、いっそう明白で。。。こんなに、かぎりなくなんにもないのに近いような絵は、今まで12枚描いてきて、初めてでした。

なにが起こっているんだろう。

posted by な at 15:29| Comment(0) | TrackBack(0) |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186232112

この記事へのトラックバック