2007年01月30日

バグダッド ・ カフェ

大学生のときに見て以来、久しぶりにこの映画を見ました。

ずっと前に一度見ただけなのに、自分の中では「好きな映画のオールタイムトップテン」の上位にランク入りしていたこの映画。昨夜、パートナーと一緒に見ていたら、あらあら、大学生当時にはわからなかった深みがあったことを発見。

当時はなんにもわからないままに見ていたのだなーと実感しました。それでも好きだなーと思ったんだなあ、と。主題歌の「Calling You」とか、全般にオレンジ色がかった映像とか、マホービンが微妙におのずと動くところとか、そういうところが気に入っていたのかな。。。

でも今回は、なにより、映画のラストの台詞にぐっときました。あー、すてき。

ジャスミンがブレンダの娘、フィリスの手のひらを見るシーンもよかったな。

映画って、噛めば噛むほど味のでる「スルメイカ現象」とでもいうものがあるのですねー。。。

バグダッド・カフェ
出演:マリアンネ・ゼーゲブレヒト
監督: パーシー・アドロン
1987年(完全版)、西ドイツ作品。

posted by な at 11:33| Comment(0) | TrackBack(0) | えいが
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186232090

この記事へのトラックバック