2011年10月24日

ひみつのスクラップブック

Img_0883 Img_0878 気絶して頭を打ってからなのか、それもとその前からなのか、最近は、ごくごくシンプルなことしか考えたり、やったりできません。。。

物忘れや思い違いも頻発。計画とか分析とかがうまくできなくて、主観的には「今ここ」を生きている時間が長いので、幸せ度はひょっとしたら上がっています。

近くの浜へ、ロケットストーブの薪をひろいに行って、ついでに、あったかな砂の丘で、ちょっと昼寝とか。。

しかし、客観的には、この状態はどうなんだろう、と不安がよぎり中。からだがまだおかしいこともあって、まともにお役立ちできずで。。。申し訳ないです。

世界の情勢が、どんどん厳しくなっているように感じていて、元気を出すには、希望をもつには、と、いろいろ試しています。ひとつ、ちょっとうまくいってるのが、好きなこと、楽しいこと、希望することについて考えること。これをすると、元気が出てきます。からだのバイブレーションも上がってくるのが、身体的にもわかります。ちょっとびりびりぶるぶるしてくる。

「現実逃避だ」と自分を責めたりせずに、少しのあいだ、思いっきりそこに浸ってみると、元気がちょっとチャージされて、ほかのことをするための「やる気」もフィードできる感じです(当社比)。

それで、最近、「ひみつのスクラップブック」というのを、つくっています。

つくり方を、紹介します!

用意するもの:
はさみ、のり、ノート、資源ごみに出す前の印刷物(できればカラーがよいです、雑誌やカタログ、はがき、DMなど)。

つくり方:

Img_0931 @印刷物を眺めて、大好きなこと(場所でも生き物でもものでも)や、こういう未来がやってきたらいいなと感じること、こんなことやってみたい、こういうところへ行ってみたい、こういうものが欲しい、と感じていること(もしくは、過去体験したことで「もう一度体験したい」と感じてることなど)を、ちょっとでも表していそうな写真や絵を、切り抜く。

Img_0933 Aノートに好きなようにレイアウトして、貼る! このとき、あんまり貼り具合のきれいさとかは、気にせず、おおらかに貼るといいと思います。

Bふだんから、印刷物を資源ごみ行きの箱に入れるまえに、気になる写真や絵がないか、ざっと見て、あった場合は、その部分だけやぶって、クリアファイルにためておくとよいです。

C貼るときは、いっぺんにたくさんでなく、元気がないなと思うときに、少し(スクラップブック2ページ分とか)貼る。。クリアファイルにためてある中から。

D貼ったりするエネルギーもないくらい元気がないなと思うときは、スクラップブックを開いて、今まで貼ったページを、眺める。

Img_0934 *わたしは、気になる切り抜きやページをためたクリアファイルを、ひみつのスクラップブックにはさんで、セットにして手の届きやすいところに置いています :)

取り扱いの注意:
なるべくこのスクラップブックは人に見せないで、ひみつに。

というのも、自分の中に住んでいるひみつの生き物との、交流日記の役目も果たすようなので。。。

たぶん、だれの中にも住んでいると思われる、この生き物は、ものがたりとか、うたとか、絵とか、踊りとかが好きで、言葉ではなく、響きやリズムや色や気配でもって、いろんなことを理解するようです。

で、わたしが望んでいることが、実現するように、橋渡しをしてくれているのが実はこの生き物らしいのです。

だから、望みは、この生き物によくわかる方法で、伝えてあげるのが、どうやら、よりよい未来のためらしいのです。

意外に実現しやすくなるようなので、なにを望むかには注意が必要と思います。周囲を傷つけたり、はたの迷惑になったりするような要素を含むことがらは、貼らないように。。見ていてまるまま気持ちいい、うれしい感じがするものだけを、貼りましょう。

以上は、すべて、わたし個人の実感なので、もしかしたら、この方法はぜんぜん合わない人も、いるかもしれません。。。合わなかった人には、ごめんなさい。

* * *

そんなことしてる暇がないくらい忙しい、という方、おられると思います。。。その場合は、頭の中で、好きなこと、望むことを思い浮かべるだけでも、急場しのぎの元気補給はできるかもです。

ただ、頭で思い浮かべるだけよりも、スクラップブックづくりみたいに、体を使って、手足を動かして、「思い浮かべる」作業をすると、例のひみつの生き物が「ああ、本気なんだな、ほんとにこれを望んでるんだな」と納得してくれるみたいです。

人は1日中さまざまなことを思い浮かべているので、思い浮かべるだけの場合は、ひみつの生き物が「ああ、また思い浮かべてるだけだな〜、これはまともに取り合わなくていいんだな〜」とスルーしてしまうんですね。。

糊で貼るのがめんどうなら、手ですぐちぎれて、貼ったり剥がしたりも簡単な、マスキングテープで、切抜きの角を留めるだけ、という方法もいいかもです。そしたら、もっと早く貼れますね!

絵が得意な人は、スクラップブックのかわりに、色鉛筆やクレヨンで、カラフルに、シンプルに(ここ大事)、自分の好きなことや望むことを絵に描いておくのもよさそうです。

うたが得意な人は、自分の好きなことや望むことをうたにして、口ずさむ、という手もあるかも。うたの場合は、メロディアスでシンプルなのがよさそうに思う。。けど、どうなんだろうな?これは私の場合だけかもだな。。

踊りが得意な人は、踊りで。。という手もあるか。シンプルで簡単にできる、お遊戯みたいな感じの踊り。。

それぞれに、工夫がいっぱいできそうです :)

posted by な at 18:34| Comment(4) | ねがいごと
この記事へのコメント
<p>いいね〜。私もやってみよ!<br />
最近ちょっとおちぎみだから…。(たぶんPMSなので心配いらないと思うけど)<br />
うんとかわいい表紙のノートを買ってこなきゃね!</p>
Posted by さっちゃん at 2011年10月25日 15:11
<p>さっちゃん、やあやあ :)</p>

<p>そだね、そんなに落ちてないときも、自分のメンテナンスツールの1つとして、もっていてもよいかもだね ;)</p>

<p>ノート、うん、うんとかわいい表紙のだとなお楽しそうだ。</p>

<p>あとは、表紙の気に入った雑誌とかでも、代用できるかもね、どうせ上からぺたぺた貼っちゃうのだもんね。</p>

<p>その場合は、雑誌の表紙の、文字部分は、上からなにか貼ってカスタマイズしたりね。こういうのも楽しそう〜。</p>
Posted by な at 2011年10月30日 10:38
<p>ヨーロッパも、アメリカも、日本も、みーんな景気がよくなくて(成熟・高齢化社会ではこれを景気が悪いとは言わないかも知れませんが)、日々の仕事をやっていても、競争競争で疲れてしまいますね。まして、慣れない仕事なんかをやっているので。ありえないようなケアレスミスなんかもしてしまって。</p>

<p>世の中には、色々な仕事がありますが、私はあまり多くの人と接触する仕事よりは、ほんとうは気心の知れた少人数の限られた人たちと仕事をするほうが性格的には合っていそうです。たぶん、作家とか、学者とかの方が向いているのでしょう。</p>

<p>自分が幸せを感じる瞬間は、暖かい気候で、海のそばで、落ち着いた環境で仕事ができて、喧騒とはかけはなれていて、土がさわれて、緑が多いのがいいですね。睡眠時間も、しっかりとれたほうがいいです。</p>

<p>そういう意味では、昨年夏に、大橋道場という勉強会の仲間と行ったバリ島は良かったです。ダブルワークが当たり前で、たとえば会社員と農業者を一人の人がやっています。かりに、会社が倒産しても、農業者としての仕事があるので、食うには困らないという社会。そのせいか、大変、おだやかな性格の人が多い。こういう社会はある意味で参考になるかも知れません。</p>
Posted by satotsuji at 2011年12月08日 23:11
<p>「暖かい気候で、海のそばで、落ち着いた環境で仕事ができて、喧騒とはかけはなれていて、土がさわれて、緑が多いのがいいですね。睡眠時間も、しっかりとれたほうがいいです」って、わたしもです。</p>

<p>バリ島、いいですね。。農業と会社員の両立、今の日本でいう「半農半X」ですね。ここ何年か、まわりでは実践し始めている人、多いです。自分はのろまなのですが。。</p>

<p>友達の友達は、少し前に、バリ島へ、農具をいっぱい携えてお引越ししたらしかったです。</p>

<p>競争が好き、という人や、そういうのが好きな時期(人生において)って、あるんだと思いますが、おだやかな人たちと和気あいあいとすごしたいと思うほうが、今は強いです、わたしも。。</p>

<p>今少しつらくても、自分が幸せを感じる瞬間を、忘れ去らないで、こころのどこかに住まわせておいてあげたいですね :)</p>
Posted by な at 2011年12月13日 18:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: