2010年08月03日

天草から寒天

初夏に相方が海で採ってきた天草を、ひんやり寒天おやつにしました。

Img_6525 ←こんな紫色の海草Img_6727が。。 天日干しでこんな麦わら帽子色のふわふわ物質になりました→。

初めての「は」の字なので、今回は乾燥天草25g分だけで、やってみることにしました。

まず水であらってから、大なべで沸かした1リットルのお湯に、お酢大匙1杯入れてから、天草投入。

そしてぐつぐつ。。。。

Img_6729弱火でしばらく煮たら、Img_6732ざる+ふきんで濾しながら、煮汁を取り分けます。

煮汁はクリアー。これを型に流しいれて固めるだけ!

Img_6733Img_6743固まると、かなりシッカリとしたぷるりん状態になりました。

あら熱が取れたら、冷蔵庫で冷やします。

ダイスに切って、あずきと黒蜜をかけて、いただきました☆Img_6752_2

海草の香りがするかと思いきや、黒蜜やあんこがかかると、まったくそんなことはありません。

なにより歯ごたえがあっておいしい!

* * *

一度煮た天草を、もういちどひたひたのお水で煮出して「二番煎じ」すると、こんどはふるんふるんとした、少しゆるめの寒天ができるそうで、やってみた。

ミルクかんにしてみました。マヤナッツ入れたら、マヤナッツだけ沈んじゃって、まるでプリンみたいなルックスになってしまったけれど。。。Img_6740

25gで2度おいしい天草。。

ちなみにお店売っている棒寒天は、この天草の煮汁を固めたのを、凍らして乾燥させたものだと知りました。ということは高野豆腐の親戚みたいなもの!

昔ながらの保存食の知恵って、ほんとにすごいですね。

posted by な at 14:25| Comment(0) | 季節のこと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: