2009年04月20日

バオバブの木

Photo_2 『バオバブの記憶』という映画を、見ました。

監督さんは『アレクセイの泉』と同じ本橋成一さん。

西アフリカ・セネガルの村の暮らしの、ディテールのひとつひとつが、こころに沁みました。

青空の下でお料理。青空の下で、大きなボウルを囲んでみんなで食べるごはん。

朝のお風呂も、午後のお茶も、お昼寝も、珍しくテレビを見るときも、全部、空の下。

干した葉っぱの加工や、杵での脱穀作業、農作物の植え付けや収穫、牛追いなど、いろんな仕事も、みんな、空の下。

子供たちがすもうをとったり、枝で木の実を落としたりして遊ぶのも、もちろん、大空の下。

まるで、お空が、屋根のよう。

そして床は、きれいに葉っぱやごみを取り除いて、掃き清めた地面。

そうやって暮らす人たちを、バオバブの木は、ずっと守ってきたみたいです。

よじ登られたり、皮を剥がれたり、実を落とされたり、葉っぱを刈られたり、いろいろされても、おおらかにそこにいて、バオバブの精霊は人にやさしいのでした。

* * *

アワさんというお母さんが、とてもすてきでした。

Photo_3 ふくよかな体つきで、いつも、黒い肌に映えるカラフルで心地よさそうな服を着て、頭にもおそろいの布を巻いて、

大家族のごはんを作っているときも、気の合う第二夫人と一緒に歌いながら花摘みをするときも、双子の子供たちをゴシゴシ洗ってお着替えをさているときも、祭りの踊りの輪に入っているときも、いつも、おおらかに笑っているのでした。

祭りでは、2人の女性が向き合って踊るときの迫力が、まるで闘いをしかけているかのように見えたりしたんだけれど、アワさんの踊りはまったく朗らかで。。。

(写真ではすこしわかりくいけど、右端の白地の服を着ているのがアワさん)

posted by な at 15:06| Comment(0) | えいが
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: